人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ワレ、ブレルナ、カレ

原動力

秋晴れが素晴らしいね。
最近、メロと歌詞の断片が同時に降りて来たんだ。
見事となくらい自然に。
おっと、これはどこかで聞いたものかもと疑う。
珍しいんだ、こういうのは(笑)
デモを録ったらここに貼ろう。
とうとう今年は一曲も出来ないのでは?なんてね。
うっかりあきらめる所だったよ。
あきらめの悪い所が俺の唯一の長所なのに(笑)
一年を振り返る時期がもうすぐ来る。
多分、何度目かの分岐点なのだろう。
いい事ばかりでは無かったけどさ。
喜んでもらいたい、それが原動力なんだよ。

追伸 新曲はまだだけど動画を。


# by bureruna | 2016-11-12 15:10

復活祭を終えて

10月は2本の大きなイベントに出演させてもらった。
まだまだ自分が思い描いている形にはなっていない。
試行錯誤しながら今も尚、悩みの中といったところか...
意識の変化がバンド内で起こりつつあるのがちょっと嬉しい。
本当は大道芸の大きなイベントをメンバーと見に行きたいんだ。
楽しみながら学ぶ。
やっぱり生で見ないと感じ取れない。
YouTubeじゃダメなんだよな。
みんな忙しい中、活動しているから無理はさせられないんだけど。
でも実現させたいな。

1本目はヘブンアーティストTOKYO、今回で3回目です。
今年は動けるミュージシャンが俺達ぐらいしかいなかったので
プロデューサーからお声がかかりナイトカーニバルで
演奏させて頂くチャンスをもらった。
大道芸フェスを何度も見ているので、正直恐縮した。
俺達でいいのか?
オリジナルしかやらないよ、俺達。
雰囲気を壊してしまったらどうしよう。
ナイトカーニバルの事で頭がいっぱいになっちゃったよ(笑)
でも
「オリジナルがいいんだよ、ぐるぐる回っちゃって!」
有名プロデューサーの一言で気が楽になり、
始まってしまえば楽しくて楽しくて...
もう夢のなかにいるようだった。
この大道芸フェスならではのナイトカーニバル、又は夜会とも呼ばれるものは、
全演目終了後、一堂に会した大道芸人たちが音楽にのって
踊ったりパフォーマンスするもの。
それをモチーフにして作った楽曲「夜会」を演奏出来た事は
一生忘れられない思い出になるだろう。

2本目は高円寺フェス。
今年は急遽、パレード参加の依頼が来て高円寺の街中を練り歩いた。
動けるバンド化は狙い通りだった、とても自由で楽しいのだ。
駅前でもやらせて頂き、ありがたやありがたや。
こちらも気づけば3年目。
来年も出れるといいな。

ブレルナの珍道中は続く。
もっと皆を楽しませることが出来るバンドになるために、
悩んだり、意見をぶつけあったりしながら成長しよう。
振り返るとひとつひとつ夢が叶っているんだよ。
本当、不思議なくらいに。
# by bureruna | 2016-11-06 23:21

復活祭

実に長い間放置してしまった。
このブログも復活祭の一環としよう。

昨年の暮から今年の春まで
人生のアレコレでブレルナの活動は頓挫してしまった。
そこから気持ちを盛り上げるのに
予想以上に時間がかかってしまったよ。
まずは練習からの呑み。
それを数度繰り返す。
思ったことは遠慮せず必ず言う。
友人だと思えばこそ。
でもちょっとだけ優しくなったと思うんだ、俺(笑)
人間だからさ、音楽は。
音楽以外でもそうか。
縁があって仲間になったのだから大事にしようと思った。
リハビリを終え、
リハ、ライブ、呑みを2度。
決して満足行くものではない。
ないんだけど楽しい。
もっと良くなる、良くしたい。
欲が生まれる。
立ち止まらず参りましょう。
人生はあっという間なのだから。
第二期ブレルナを始めて
もうすぐ8年が経つ。
もっと楽しくなったブレルナを
あなたに見せたい。
# by bureruna | 2016-10-13 17:53

残念

今週末に予定していたライブが
メンバーの事情によって中止になってしまいました。
このブログだけに予定を書いてしまったので...

体勢を整えて、次の機会を狙います。
すいません。

# by bureruna | 2015-11-17 21:53

珍道中に乾杯を

きっとここを見ている人はほとんどいないだろうから、
少しずつ再開しようと思う。
一時期は毎日更新していたんだ。
何かに取り憑かれていたぞ、アレは(笑)
必死だったんだね。
音楽をどうやって伝えたい人に伝えるかばかり考えていた。
ネットには救われたし、今も助かっている。
今はTwitterがメイン。
きっと政治的なものをリツイートしたり
主張したりしてるから、
多くの人にミュートされてると思う(笑)
でもね、やめない。
危機感を持っているから。
もっと勉強しようと思っている。
ここでも、たまには世の中の事を書くかもしれない。
だってひどいから。
それを考えると憂鬱になるよー

さて今日のお題は「珍道中に乾杯を」
今年は今のところ3曲仕上げた。
他のミュージシャンから見れば少ないんだろうな。
今、転換期なの。
大道芸という未知なる舞台で、
相変わらず困難にぶつかって、苦悩し、ちょっと楽しくて、
またひどく落ち込んで。
なんだよもう!昔から何一つ変わってないじゃんか!
(笑)
たぶん来年の今頃は、もっと進化していると思う。
いや、させたい。
それぐらい、曲だけでなく、衣装とか振り付けとかダンスとか、
パフォーマンスも大きく変化を迎えたのが2015年だった。
そしてそれを決定づけた曲がこの曲なんだよな。
ちょっとコミカルなものって意外と作詞したことなかったから、
新鮮だったし楽しかった。


珍道中に乾杯を


東奔西走 珍道中 休む暇は無い         ラララララ

暴飲暴食 珍道中 呑み過ぎには注意!(注意!)  ラララララ

七転八倒 珍道中 明日はどっちだ?       ラララララ

色即是空 珍道中 愛だけを胸に         ラララララ

友よ先へ進もう 出会い別れを繰り返して 

新しい景色を見に行こう

さあ冒険だ 胸躍る日々に 乾杯だ  さあ


一進一退 珍道中  見通しが甘い        ラララララ

断崖絶壁 珍道中 回り道で行け!(行け!)    ラララララ

単純明快 珍道中 好きなものは好き      ラララララ

抱腹絶倒 珍道中 この旅は続く        ラララララ

友よ夢を見よう 一度や二度のつまずきなど 

素晴らしき人生のスパイスさ そうだろ?

友よ先へ進もう 出会い別れを繰り返して 新しい景色を見に行こう

さあ冒険だ 胸躍る日々に 乾杯だ  さあ

乾杯! 乾杯! 乾杯! 乾杯! ヤァ!



# by bureruna | 2015-11-13 17:42



すべてを君に     玉木大輔
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンクしています
Twitter
以前の記事
2022年 05月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2020年 11月
2020年 08月
2020年 06月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 06月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 06月
2017年 11月
2017年 01月
2016年 11月
2016年 10月
2015年 11月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
その他のジャンル