ワレ、ブレルナ、カレ

「今日、生まれたあなたへ」

ちょっと早いけど1年を振り返ってみる。

12月は何かと忙しいから。


第2期ブレルナも6年の月日が経ちました。

時の流れは恐ろしく早い。

俺の風体も若干変わった。

つまり劣化だ(笑)

今年の初っ端はダレてしまった。

年々、奮い起こすのに時間がかかります(言い訳)

もうそんな事、言ってられないのにね。


春から、ちょこちょこと動き出す。

少しばかりアイデアがあったので

それを実現するための試行錯誤を繰り返す。

毎年のルーティーンを変えたいと願っていました。

フェスに参加するのはとても楽しいんだけど、

同じ事ばかりやってると人間成長が無い。

そんな事を知ってか知らずか、

断られる形でフェス参加が無くなって...(笑)

でも結果オーライ。

そう、前述のアイデアっていうのは、

ブレルナを大道芸として確立する、

そのためにヘブンの資格を得たいって事でした。

もし例年通り仙台に行ってたら、

日程的にとても難しくなっていたし、

ヘブン予選の日、雨が降って、

屋根と壁による音の反響がある場所に変更していなかったら、

音すら届かずのライブになっていたかもしれない。

と言うか、あれだけ大勢の応募者の中から

よく選ばれたなと(笑)

運命、偶然、奇跡。

そういうのあるんだなと感じ入ってしまった。

失うのは辛い。

でも得られるものもある。

そういう風になってるんだ、この世の中。

(それでも失うのは辛い…未だ辛い)


10月には念願の、夢の大道芸フェスへの参加が叶う。

正直、自分たちの出来はまだまだでした。

見通しの甘さ、準備不足で、力の半分も出しきれなかった。

それでも楽しかった。

憧れの大道芸界のスターの皆さんと間近で会えて嬉しかった。

出来ることなら、もう一度体勢を整えて

あの舞台にもう一度立ちたいと思ってる。

11月もフェスに参加しました。

修行は続くよ、どこまでも(笑)

今年はうまくいけば、あともう一回

パフォーマンス出来るかもしれない。

それで今年の活動は終了だろう。


来年はきっと新しいステージの始まりだと思う。

第3期ブレルナの幕開け。

そんな予感がする。

前途多難ではあるんだろうが、いつもの事じゃないか。

どこかの青空の下、それはあなたの街のすぐ近くかもしれない。

そこでパフォーマンスするブレルナを観てもらいたい。

そして笑ってもらいたい。

それだけが今の願いです。


今一度、このビデオを見ます。

第1回ブレルナ in 仙台。

これが私の、ブレルナの原点だからです。

この時の歌以上に歌えた事が無いです。

上手い下手ではなくて。

少しだけエピソードを。

準備不足、水野君のベース。

今はもっと上手に良いベースを弾けます(笑)

この曲のビデオを撮ると、

仙台に行って急遽、言い出したのは私です。

(でも準備不足は彼が悪い)

何度も撮り直しました。

(何度もミスした私が悪い)

帰りの新幹線の時間までわずか。

あと一回、これでダメなら諦めようと

始めたテイクなのです。

終わったあとの二人の安堵感は

そこから生まれたのです。

ナチュラルでしょ?

(笑)


追伸

スローペースなのでなかなか出来ませんが

新曲を制作中。

あなたに聴いてもらいたいです。

そう、このブログを読んでくれたあなたに。



[PR]
# by bureruna | 2014-11-12 18:34

ヘブンアーティストになりました

先日の公開二次審査によって

ブレルナは東京都公認のヘブンアーティストになりました。

ヘブンアーティスト制度っていうのは、

大雑把に言うと東京都が指定した場所で

パフォーマンスが出来る資格を与えられる事です。

(詳しくは、こちらをどうぞ)

ヘブンアーティスト


大道芸が好きなのです。

スタートはそこからでした。

初めてのチャレンジで受かるとは思っていませんでしたが、

受からなければ、やること全部変えて

スタイルを変えたブレルナでなければダメだから、

二回目は無いなという覚悟で臨んでいました。

俺たちが、絶対一番面白い演者になるぞ!と、

メンバーを鼓舞したのも初めてじゃないかな。

今まで、相手は関係無かったから。

でも審査みたいな場所なら

一番を目指せば辛うじていけるのではないかと

思ったのよ。

152組の中の5組。

素晴らしいじゃないか!

ホッとしたもん、俺(笑)

俺先行でこの流れを先導していたので

ダメだったらメンバーの士気が下がるかなとか…

心配症だからさ。

この制度の成り立ちとかに

いろいろ思う所がある人はいると思う。

その辺りの所は当然、

普段の言動から察して欲しいんだが

俺にだってある。

もしかしたらヘブンアーティストでサーチかけた方も

いらっしゃるかもしれない。

直接お会いしたら、いくらだって話します。


でも俺は素直にうれしい。

うれしいの。

選んでくれた人がいるって事に感謝したいのよ。

俺ね、ブレルナを俯瞰しながら楽しんでる一人でもあるのね。

面白えな、こいつらって思って選んでもらえたなら、

俺と同じ感覚を若干でも共有出来たってことじゃない?

すごいのよ、それは。

初見でさ。

あの公開審査会もおそらくブレルナを知ってる人は

ほとんどいなかったんだけども(笑)

2曲でお客さんと一緒に楽しめたから、

俺的にはOK。

もうこれでダメなら

ノリが合わなかったって事でって思えた(笑)

なので最後に、

その公開審査の模様を見てやって下さい。

ちなみにこのヘブンアーティストには、

多忙を極める順子ちゃんは入っていません。

でもいずれ引き入れるつもりなので、

順子ファンの皆様、しばしお待ちください。

ヘブンアーティスト以外では参加しますので今後もよろしくお願いします。



[PR]
# by bureruna | 2014-10-02 22:40

大道芸への思い

ちょっと俺の思いが過剰なので

メンバーは引いてるんじゃないかと思ったりしてる(笑)


単純に好きなんです、大道芸。

きっかけは2011年の高円寺びっくり大道芸。

(今、ブログの中を探したらそのことを書いていたよ)

多くの人がイメージする大道芸を想像しながら

アルコール片手に見に行ってびっくりしたんだ。

(あっ、まさにびっくり大道芸だな)

あっと驚く技もすごいんだけど、

自分が特に好きになったのは演劇仕立てのマイム。

ストーリーがあって、演者さんがみんな魅力的で

個性的で、発想もユニーク。

すっかりファンになってしまった。

それからは各地の大道芸フェス、

横浜、野毛、つくば、宇都宮、静岡まで遠征するまでに(笑)

楽しいんだ。

同じネタで、もう何度も見てるんだけど

中毒性があって、また笑ってしまう。

そのネタを知らない初見の人の反応も

面白かったりする。

空の下で繰り広げられるパフォーマンスを楽しみながら

時には演者さんに指名され、

一緒に踊ったり演技したり(笑)

いろんなフェスティバルを見るうちに

好きなパフォーマーさんもどんどん増えていった。

時折、各パフォーマーさんが行う舞台公演なんかも

見に行ったりしてね。

ものすごく刺激になる。

やはり目の前のお客さんを楽しませたい!

って思いは同じだと思うから。

ブレルナも屋外での活動が多い。

もっと多くの人に見てもらいたい、知ってもらいたい、

楽しんでもらいたい。

エレキからアコギに持ち替えたのも

場所や環境を選ばないでライブをやるには

アコギだなと思ったからなのよ。

作る曲も少しずつ変化しているんです。

芸とかネタとか呼んでいるライブでのアレを

自然とやるようになったのも

楽しんでもらいたい一心(俺自身も楽しんでるんだけどね)

1年ぐらい前に、

ある人からヘブンアーティストの資格に

チャレンジしたら?と言われた。

その時は恐れ多くて、その気にならなかった。

だって俺、大道芸ファンだから、

大道芸の人たちは俺にとってはスターなのよ(笑)

いや、本当。尊敬してるんだ。すごいなって。

でもね。

昨年、これまた高円寺で行われた高円寺フェスに

出させてもらって、

生演奏で練り歩いたら楽しくてたまらなかったんだ。

これだー!って思った。

音楽だって芸能、芸のひとつ。

だったらやってみようと決心。

それから大道芸スタイルと称して

動けるバンド化を進め、

池袋、国分寺でのフェスでなんとなく形が見えた。


今年初めて

東京都ヘブンアーティストに応募しました。

一次審査を通過、明日

2014.09.11木曜日、

池袋芸術劇場劇場前広場にて

18:15~18:30

(*時間が早まったりするかもしれません。お早めのお越しを)

ブレルナは第二次公開審査に臨みます。

お時間許す方は、

是非我ら、ブレルナを応援しに遊びに来て下さい。

時間短いけど、全力で頑張ります!

詳細はこちらからどうぞ。

ヘブンアーティスト公開オーディション


[PR]
# by bureruna | 2014-09-10 19:07

宴の後〜ブレルナ祭りレポートおまけ


やっぱりこの夏にアップしないとな(笑)
ブレルナの最新曲です!
楽しい宴であったなー

余談であるが、このブレルナ音頭の歌詞通り
鯖ヲさんはライブ後、
電車で眠りこけ、最寄り駅を通過し終着駅へ。
さすが鯖ヲ、外さねーな(笑)
優秀なタレントが揃っているブレルナです。
営業やります!
(笑)
ツアーやりてぇー
以下、ブレルナ音頭の歌詞を掲載します



ブレルナ音頭

お馬鹿さんだね、ブレルナ、ブレルナ!


今宵、宴始めるブレルナは

(あ、どうした?)

酒と祭りが大好きで

ついつい呑み過ぎ、大失敗

ありゃまぁ、こりゃまぁ、やっちまったー

ダメな大人の珍道中

お馬鹿さんだね、

ブレルナ、ブレルナ!


ベース、いつもニコニコ水野さん

(あ、どうした?)

呑んで喋れば宇宙人

話す内容、意味不明

ありゃまぁ、こりゃまぁ、やっちまったー

ダメな大人の珍道中

お馬鹿さんだね、

ブレルナ、ブレルナ!


ドラム、坊主頭の鯖ヲさん

(あ、どうした?)

酔って寝ちゃった終電車

山奥、戻る電車無し

ありゃまぁ、こりゃまぁ、やっちまったー

ダメな大人の珍道中

お馬鹿さんだね、

ブレルナ、ブレルナ!


バイオリン、イケメン風の阿部ちゃんは

(あ、どうした?)

実は打ち上げ番長で

ステージよりも面白い

ありゃまぁ、こりゃまぁ、やっちまったー

ダメな大人の珍道中

お馬鹿さんだね、

ブレルナ、ブレルナ!


パーカス、我らのアイドル順子ちゃん

(あ、どうした?)

知らぬうちとは恐ろしや

ブレルナ色に染まってた

ありゃまぁ、こりゃまぁ、やっちまったー

ダメな大人の珍道中

お馬鹿さんだね

ブレルナ、ブレルナ!


締めは、バンドリーダー玉木さん

(あ、どうした?)

呑んでご機嫌、饒舌も

翌朝、まるで記憶無し

ありゃまぁ、こりゃまぁ、やっちまったー

ダメな大人の珍道中

お馬鹿さんだね、

ブレルナ、ブレルナ!


今宵、宴始めるブレルナは

(あ、どうした?)

酒と祭りが大好きで

ついつい呑み過ぎ、大失敗

ありゃまぁ、こりゃまぁ、やっちまったー

ダメな大人の珍道中

お馬鹿さんだね、

ブレルナ、ブレルナ!


[PR]
# by bureruna | 2014-09-03 21:19

宴の後〜ブレルナ祭りレポート完結編 (写真、多数掲載しましたよ)〜

余興。

そこでまず考えたのは

普段歌えないものを歌うでした。

私はカバーをやりません。

なんかそこに興味が湧かないのですよ。

私の考える公では、

おそらくほとんど披露したことはないんじゃないかな。

でもね、

祭だから。

一年一度のお祭りだし。

そこで、協力すると言ってくれた

小林ヨッシー君(ギタリスト)を引きずり出し、

(と言いつつ、割とギリで動く私は彼にケツを叩かれ)

前座として、イベントの余興として

2曲ほど歌うことにしました。


では余興のご説明。

まずは一曲目、ブレルナ音頭をブレルナ一同と、

ヨッシー君と踊りの先生まで迎え盛大に。

実は音頭を作ったなら踊りもだろうと

我がブレルナの優秀なスタッフが踊りをつけてくれて

仮面で顔を隠し(YouTube 対策)出演までしてくれた(笑)

それがこちら。

b0080104_20061198.jpg

そして、その後、

私とヨッシーの二人だけで

カバーを2曲やりました。

もう、ずっと歌いたいなーと思っていた

越路吹雪さんの

「サン・トワ・マミー」

そして、

ヨッシーがブルース好きというのを聞いていたので

南佳孝さんの

「スローなブギにしてくれ」

まあ、ハプニングと言うか

ドタバタはあったけど(笑)

楽しかったなー

お客さんと愛をこめて握手をして回る。

最高

(笑)

俺、ああいう時

幸せ感じちゃうんだ。


冒頭のブレルナ音頭は

もったいないので

ブレルナ本編の最後でもやりました。

お客さんが一緒に踊ってくれてる姿は感動的ですらあった。

そしてラストに出演者の皆様とお客さんたちと

ドリフターズの「いい湯だな」を大合唱!

俺はギターを弾いてるだけだったんだけど

もう感動して涙出そうだったんだぜ(笑)

鯖ヲ君の加トちゃん役、任せて良かった、適任(笑)


やりたいようにやらせてもらった。

自分としては、思い描いた事を

ほぼすべてやれた。

協力してくれたメンバー、小林ヨッシー君、スタッフには

本当に感謝しています。

そして何よりお客さん。

雨降る中、本当にありがとうございました。

しかも最後まで楽しんでから帰ってもらえたのが

本当に嬉しかった。

来年もやれるように

ブレルナ一同、精進して芸を磨きます。

なので、また遊びに来てね(笑)


最後に写真を。

SandalSoulさん!

末永くお幸せに!

b0080104_20090480.jpg
b0080104_20102334.jpg
Route8464さん!

これからもよろしくです!

b0080104_20192168.jpg
そしてブレルナの面々
b0080104_20230255.jpg
b0080104_20231339.jpg
b0080104_20222903.jpg



[PR]
# by bureruna | 2014-08-31 20:21

宴の後〜ブレルナ祭りレポートその2(裏話)〜

タイムリミットの迫った夏休みの宿題を

慌ててやるようなブログ(笑)


前回は出演してくれたバンドさんの紹介で終わっちゃったので

裏話を。

イベントをやるにあたって

自分が一番考えたのは、

どうやったら最初から最後まで楽しんでもらえるか?なのでした。

小林ヨッシー君にフライヤー(俺的にはチラシだが)を

作ったら良いと言われ、

十年ぶりぐらいに作ってみた。

試作品がこれ。

b0080104_17424444.jpg

で、これが不評(笑)

まあ、なんていうか分かっていた。

俺はシャレオツな感じのものが作りたかっただけなんだけどね。

でもな、そうだよな、祭りって言ったらこっちなんだろうなと、

俺自身を素材にする覚悟を決め、

作り直し、まさに矢面に立った(笑)

それが、これ。

b0080104_18065363.jpg

コンセプトが決まると腹をくくるね(笑)

そこからはアイデアがいろいろ浮かんだ。

まずは祭り、祭りといえば、盆踊り。

まさにドンピシャなタイミング。

そこで私は生まれて初めて、音頭を作ることにしました。

母方の故郷である、岐阜の郡上踊り、

「春駒」のような勢いのあるやつを作りたいぞと。

で、曲はすぐ出来た。

悩んだのは歌詞。


ブレルナは楽しげですが、歌詞は決してコミカルではありません。

つか、コミカルな歌詞は一曲もないのですよ。

(あら、意外)

初めからメンバー紹介的な音頭にしようと

思いついていたのですが、私の感じるまま書くと

バンド崩壊にも繋がりかねない(笑)

ですので、神経使いました。

書き上げてから、不満があったら言ってくださいと

初めてメンバーに打診したぐらいですから(笑)


そして、コスチューム。

やはり祭りは浴衣だろうと。

ただ他の野郎メンバーが持ってないと言うので

一度は諦めたのですが、諦めないのが俺の良いところ(笑)

ならばハッピだ!と、インターネッツでポチ。

メンバー全員分のハッピを注文。

バンド機材と考えました。

ならば買うべきだと。

結構するんだけどね、全員分だと(笑)

リーダーからのプレゼントなのです。

あいつら分かってないだろうなー(笑)


祭り度合いは、こうして高まってまいりました。

そこで、どうやったら最初から楽しんでもらえるだろうという

その一点に集中しました。

普段やらないこと…

余興だ。

余興をやろうと。


ちょっと長いので、続きはその3で。


[PR]
# by bureruna | 2014-08-31 19:12

宴の後〜ブレルナ祭りレポートその1〜

もうあっという間ね、時が経つのって。
とにかく8月中には書かねばと我に鞭打つ。
ビシ!ビシ!
ひぇ〜

8/9(土)ブレルナ祭りの日。
台風の影響もあって雨が降ったり止んだり、また降ったりでした。
そんな足元の悪い中、遊びに来てくれた皆様に
あらためて感謝したいです。
本当にありがとうございました。
元はといえばこのイベント、昨年末の高円寺フェスで知り合った
小林ヨッシー君の
「ブレルナはイベントやったらいいですよ〜サポートしますから〜」
そんな、ゆるい一言がきっかけでした。
それまでそういった、大それた事は
やる気が全くなかったのだけど、
呑んだ勢いっていうの?
怖いね、アルコールの力は。
いつの間にかその気になっちゃった、ハハハ。
少しずつ日程が近づいてきて、お尻に火がついて。
そうだな、あの時も我に鞭打つでした。
(Mだな俺)
今回、僕らの祭りに参加をお願いしたバンドさんは、
いずれも、一度ブレルナと一緒にライブやりたいと、
ありがたくも声を掛けてくださった人たちばかり。
バンド同士がしのぎを削って!ではなく(笑)
一年一回の祭りを気心しれた方々とやるのが
イベントらしいし、良いかもなと思ってね。
一回目だからさ。

出演してくれたバンドさんのご紹介します。
SandalSoulさんは、ちょっとややこしい(笑)
SandalSoulってのがバンド名で、
メンバーが一人で、その一人が女性ボーカルの
sunnyさんで、そこでギターとしてサポートしているのが
中川君で、彼女と彼は夫婦(新婚さんいらっしゃいだそうです)であるが、
でも彼は絶対メンバーにはならないと頑なで(笑)
まあ、その中川くんが、うちの水野くんの後輩で、
ちょいちょいブレルナ見に来てくれてたわけです。
ブレルナ好きです、なんて言ってくれるんだよね。
いい人だ(笑)
でもその思いがすごく伝わってきて嬉しかったよ。
SandalSoulさんは、おしゃれなSoulMusicで、
アシッド・ジャズを好んで聴いていた頃を思い出した。
俺そういうサウンドも好きだから。
そしてsunnyさん歌上手いし、元気快活、ガハハ系で
面白い人だった!
つか、夫婦漫才なのかい?っていう
自然体なライブが魅力的で、
良いネタ持ってるなって思ったよ(笑)
出演してくれてどうもありがとうー

お次はRoute8464さんです。
大先輩です。
お互い東京にいながら東京で会うのが初めてでした。
仙台でしか会ってない(笑)
もう数年来参加している仙台定禅寺ジャズフェスで、
共通の友人を介して、打ち上げの飲み屋でセッションしたのが
初めての出会い(確かそうだったはず)
俺がRouteさんの素晴らしい演奏に、
適当な歌詞と素敵なメロディーを乗せて(笑)
オーディエンス(呑んでいる人たち、店の人)を
湧かせたあの夜(妄想かも知れないが)
楽しかったなー
Routeさんたちのジプシースイングっていうの?
俺、あんまり聞いてこなかったジャンルだったから新鮮で。
ブレルナの「ジャンジャン」って曲は、
ああいうテイストのものを作りたいなーって思って
出来た曲なんだよね。
仙台ではお互い出番が忙しかったので、
今回のイベントで、初めてゆっくり見ることが出来た(笑)
しっかりとした演奏技術と
音楽が大好きな大人たちの余裕っていうのがあって、
落ち着いて音楽を楽しめた。
俺なんかまだキリキリしてやってる所があるから、
まだまだだなって思った(笑)
先輩方、出演して頂きありがとうございました!

毎年恒例のRoute8464さんに引き続き
SandalSoulさんも定禅寺ジャズフェスに参加されるそうです。
俺達は出られなかったんだけどね(笑)
仙台の人たちは、ぜひステージを見に行ってくださいねー

ふー長い
あまりに長いので
この続きは明日以降で。
腹減った。










[PR]
# by bureruna | 2014-08-24 19:55

ブレルナ祭り

もう明日の事なので、いい加減寝ろよって話なんだが。
準備は整った感じです。
あれこれ思いついたものは無理をしてでもなんで(笑)
衣装を揃えたり、
イベントならではの出し物を用意したり。
楽しみながら明日を迎えます。
お客さんと演者さんに楽しんでもらえるように。
願うのは、それだけです。
あなたに楽しんでもらいたい。
愛しています。



[PR]
# by bureruna | 2014-08-08 23:44

趣味「日本酒」始めました

ただ呑んでるだけじゃん!
まあそうなんだけど(笑)
今年の3月からだから、まだ新参者です。
きっかけは、寿司屋で呑む!と勝手に題して
あの長蛇の列の人気寿司店(でもリーズナブル)で
日本酒を呑んだ時から。
3銘柄くらい呑んだあと、明らかに美味いと感じた
出羽桜に魅了され、
これ家で呑みたいなーと、まずは近所の酒屋へ行ったのが始まり。
出羽桜の吟醸酒があったんだけど、
店主に勧められたのが、日の出醸造の「まんさくの花」責め取り。
コイツはフルーティーで美味いぞと。
信じてみた。
新参者だから(笑)
刺身、ツマミも野菜を中心に沢山作って家呑み。
一口目から、なんだこれ、美味い、美味すぎるの独り言止まらず。
今まで俺が呑んでいた日本酒は何だったのか?
軽いカルチャーショックだったよ。
その前は1年半ぐらい生ライムを絞った
ラムトニック(モヒートも)を呑み続け、
さらにその前は、芋焼酎がずっと好きだった。
ハマるとどっぷりな性格。
そして完全にハマりました(笑)
ネットってのは便利でして。
自分の町に2軒、隣町に1軒、良い酒屋を見つけました。
最近気に入ってるのは隣町の店。
冷蔵ケースに並ぶ、未知の日本酒を眺めているだけで幸せ。
嘘。
どいつもこいつも呑んでしまいたい。
店主に素直に尋ねていろいろ思案しながら、セレクト。
結局、全銘柄制覇するんだけどね。
今のところは、日本酒巡礼の旅よろしく、
呑んでいない銘柄にワクワクしながら楽しむ日々。
今日も一升瓶で2本購入。
家の冷蔵庫を買い変えた事に運命感じてるんだ。
4本収納出来ます。
圧巻です、その様は。
と、ここまで読んで頂いて、
もしどんな銘柄を俺が呑んできたか
興味を持たれた方のみ
こちらの Instagram に写真を収集しているので
御覧ください(笑)
http://instagram.com/daisuketamaki
[PR]
# by bureruna | 2014-07-29 18:00

宴の時

もしかしたら、だいぶ放置してしまったこの場所にも
訪れる人はいるかもしれないと、ふと思ったのです。
いないか。
TwitterやFacebookからこのブログに飛んでくる人とかもいるかもしれない。
結構、政治や社会の事をつぶやいたりするのだが、
そういうのは次回以降にするので安心して下さい(笑)

そろそろブレルナの季節である。
別に決まりはないけれど。
年明けから録音作業に入るぞと決めた瞬間に
鬱々とした気持ちになり、逃げに逃げて春となってしまっただけ(笑)
気がつけばここ数年の流れ(ライブなど)に突入、慌てるの図。
録音は大変なんだよ、全部自分でやるから。
言い訳だな、ハハハ。
昨年、暮れのライブを終え、次の段階に行こうと思ったのね。
実は2年前くらいに「ジャンジャン」という曲を作ってから
目指す方向は意識していたんだけど、なかなか決定打が出ない。
「暗闇にギター」とかも我ながら自信作なんだけど、
さらなる一曲を作らなきゃって思ってた。
人間は都合の良い言い訳が出来るとすぐ乗っかるぞ。
俺はそれにすっと乗った。
だから録音から逃げた(笑)
そして新曲作りのためにはインプットが大事だと
舞台を見たり遊びに行ったり、久しぶりに海外旅行に行ったり
酒を呑んだり呑まれたり...。
楽しかったな、ハハハ。
結局、曲作ったの4月に入ってからだから
追い詰められて頑張れば俺は出来るんだな。
誰か俺を追い詰めてくれ(笑)
素晴らしい集中力と天才的な対応力を発揮してくれた
メンバーに感謝。
初めて音を合わせたその日に
その曲を即ライブで配信して、
それを即YouTubeにアップなんて、
まともなバンドなら絶対やらないよな。
カバーじゃないんだから。
でも、ブレルナ、まともじゃないのよ(笑)
なのでオッケー
ということで新曲「宴の時」が出来ました。
2014年度イチ押し曲とさせて頂きます。
この曲は制作段階から振り付けも出来上がってしまった。
これは私の音楽人生で初です(笑)
おっさんたち、必死に踊っております。
ライブで一緒に踊れるようにこのビデオを見て
予習しておいて下さい。

追伸
あっ、でもこの曲が出来たので録音作業もしたくなってる。
そう、この曲を待っていたんだ、そういう運命だったのだと
こじつけてみる。


宴の時


砂漠に浮かぶ太陽

燃え尽きる時を知ったなら

争う事など

何一つ意味は無いさ

彼方に響く銃声

怒りに満ちてくレクイエム

鎖を断ち切れ

目覚めるのは今

愛を讃え、君を讃え

宴を始めよう

さあ

手を叩き踊り明かせ

踊れ踊れ踊れ

手を叩き踊り明かせ

手を叩き踊り明かせ

酒を呑み語り明かせ

語れ語れ語れ

酒を呑み語り明かせ

酒を呑み語り明かせ


蜃気楼 それが人生

高鳴る胸、束の間の恋

すくった水さえ

たちまち消えて行くよ

産声上げる魂

国境を越え海を行くが

確かなものなら

すぐそばにあった

愛を知って、君を知って

宴の時は来る

さあ

手を叩き踊り明かせ

踊れ踊れ踊れ

手を叩き踊り明かせ

手を叩き踊り明かせ

酒を呑み語り明かせ

語れ語れ語れ

酒を呑み語り明かせ

酒を呑み語り明かせ








[PR]
# by bureruna | 2014-05-07 17:10



すべてを君に     玉木大輔
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル