ワレ、ブレルナ、カレ

<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

やっとだけど。
作ろうという気持ちになった。
音楽。
夢中になれるもの。
楽しいから。
そうでもしないとやりきれなくなるから。

友人から呑みの誘い。
ありがたいな。
不謹慎って...なんでこんなに蔓延するのだろう。
大多数の人が現状を理解して行動出来ると思う。
信じようよ、それは。

自粛ムードより、
応援ムードを!
[PR]
by bureruna | 2011-03-31 22:14

ガッツ

ブレルナファミリー

ブレルナに関わる人たちを、
それはあらゆる意味でだけど、
その人たちを僕はそう呼ぶ。
勝手にです、すいません(笑)
別に怪しい勧誘とかではないから。
入会金とかないから。
メンバーはもちろん、
気にかけてくれる人、愛してくれる人、
手を貸してくれる人、そうすべて。
仙台の恩人、N監督。
彼女もその1人。
我々を面白がってくれる。
仙台のレポーターをつとめたあの映像は
彼女のある意味作品かもしれない。
震災当日に無事は確認出来たのでほっとしていた。
今日は久しぶりにメールでやり取り。
文面からもその元気さが伝わる。
ガッツある男前。
こちらが元気をもらってしまったよ。
やっぱりいつだってポジティブ、変わらんなー(笑)
4月から仙台のラジオをやるって書いてあったけど、
出演するのかな?
聞くの忘れた。
つか聞けないよ、仙台のラジオ。
聞かなくていいからメールくれって頼まれたが、
聞かないでどんなコメント送れば良いのか(笑)
こんな非常事態でも変わらずエネルギーを発する彼女に
脱帽、そして尊敬の念。
今一度、俺も気合いを入れ直さなきゃなのだ。

追伸
もちろん、君もブレルナファミリーさ。
決まってるじゃないか。
ありがとう。
そしてずっと見守っていて下さい。
僕はそれで、どこまででもがんばれます。
[PR]
by bureruna | 2011-03-30 22:09

ありのまま

人生は報われない事が多い。
どんだけ真剣にやってもだ。
溜息&どっと疲労。
己の力不足だな...
思いが伝わらない事だってたくさんあったじゃないか...
しかし、がっくりだよ。
あーこれ、そんな大げさな事じゃないんで御心配なく。
ちょっと愚痴ってるだけです。
(笑)
弱音も吐くよ。
だって人間だもん。

またひとつ学んだ。
さらなる進化をせねばならぬ。
あの手この手は使ったから、その手があったか!で行くか?
人にやる気を起こさせるのって言うのは難しい。
でも勉強ってそこから始まるんだよな。

少しずつブレルナメンバーとのやり取りが続く。
無論、水野君とも。
東京組も何かと大変な様子なのだが、
心意気を感じる。
心強い仲間がいて私は幸せだ。
[PR]
by bureruna | 2011-03-29 23:04

ガサゴソ

数日前から気になっていた過去の自分の曲があった。
メロは覚えている。
歌詞は断片的。
なんか気になったら探さずにいられなくて
押し入れから引っ張り出したデモテープ。
録音してあったのだけれど...カセットテープ。
歌詞カードも入っていた。
ものすごく初期の作品。
初期の作品のわりには、覚えているぐらいだから、
自分の中の印象度は強い。
聴いてみたい...カセットデッキか...
あるにはあるが...動くのか...そして聴けるのか...
今宵は断念。
ついでにいろんなデモテープが出てきた。
当時これ売ってたんだよな。
懐かしい。
でも聴いたら愕然とするんだろうな(笑)
[PR]
by bureruna | 2011-03-28 23:27

後押し

誰にも迷惑をかけず...記憶を失っても大丈夫。
家で呑んだ昨日。
その影響で本日は朝早くには目覚めずでした。
奇跡的に起きる事が出来たら、
久しぶりに走ろうかなと思っていたけど。
呑む時点でその気が無かったとも言えるが(苦笑)
素晴らしく晴れた日曜日。
青空が清々しい。
走れなかった分、散歩した。
一駅分以上は歩いたな。
帰りも歩いたから二駅分以上。
桜のつぼみは世の中のそれとは無関係に
順調に膨らみ始めている。
まだ若い木はすでに花をつけ始めていたりする。
春はもうすぐ、そこまで来ているのだ。
わが町の桜祭りは中止が決まったけど、
桜が咲かない訳ではない。
花が咲いたら花を愛でる。
僕がずっとしてきた事を今年もするつもりだ。
個人的には大事な意味も持つから。
もちろんビール片手に。

お昼に焼き肉を頂いた。
久しぶりだよ、焼き肉ビール。
こうやってそれぞれの人が
何気なくやり過ごしてきた日々に感謝し、
苦しんでいる人たちを気づかいながらも
しっかりと生きていく事の大切さ、
ひしひしと感じます。
ブレルナとして今年も出演させて
頂きたいなと思っていたイベントが
軒並み応募延期、開催未定もしくは
内容変更といった事態になっています。
震災の事、電力の事、苦慮する主催者側の
お気持ちもよく分かる。
でもぜひやって欲しい。
そして出来れば参加させて頂きたい。
どんな環境下でも平気。
完全アコースティックでも我々は出来る。
ブレルナメンバー鯖ヲ君とも、
そう言った話しのやり取りをする。
何か出来る事があるはず、何かやりたいと。
人が、街が元気になるようにとか、
単に募金を募るという事だけでなく、
おそらく長い期間になるであろう復興への道のりを視野に入れ、
ずっと長くその後押しが出来るようにするためには、
それらのイベントは重要だと思うんだ。
[PR]
by bureruna | 2011-03-27 22:58

酔っていますね

確かに。
このポイントでやめればちょうど良い。
塩梅が良い。
それが適量ってやつさ。
しかし呑むと花粉症が悪化する。
ロマンティックではなく、
くしゃみが止まらない。
今日は呑みたい気分であったの、なんとなく朝から。

さっき水野君から連絡があって、
ブレルナ救援物資が届いたとの事。
思っていたより早かったな。
高速復旧はデカイ。
ネコさん、ありがとう。
たいしたものではないが、彼らも今晩は
ちょっとだけ夕食のおかずが増えたのではなかろうか。
とにかく物流。
それが整えば少しずつ良くなるはず。

原発、計画停電。
色々意見はあるでしょう。
でも人の命と引き換えに得られる幸せなんて
あるはずがない。
どんな環境下でも音楽は奏でられる。
ちょうど一年前のブレルナビデオです。
楽しさが伝わると良いのだけれど。
再添付しちゃいます。
来るべく時に備えて、電気に頼らないブレルナ。
見返してみると気付く事ってたくさんあるね。
「窓を開けておこう」
純粋なラブソングを僕は作ろうと思ったのだな。


[PR]
by bureruna | 2011-03-26 23:05

山を張ったね

本日は素晴らしく早く業務終了。
そしてそのあとの時間をどうするかで激しく迷う。
久しぶりに音楽でも聴きに街へ出ようかと思った。
少しは気分も変わるかなと...
しかし一歩が踏み出せない。
自問自答した結果、今は自分の事など二の次、
俺の気分なんてどうでも良い事なのだと結論す。
急遽、勉強会を行う事に。
どう考えてもこちらの方が人の役に立つ。
突然テストをされるはめになったSちゃんは
気の毒かもしれないが。
テスト用紙を渡す。
Sちゃんは「外れたー」と困惑顔。
そう、彼女は山を張ったのだ。
前回は章の最後のテスト問題を使ったが、
今回は違う部分。
「人生と同じ、思った通りにはならんのだよ。フフフ」

結果は...まあ良いとして(良くないんだけどね...)
少しでも予習をやっておこうとさせる事が、
このテストのひとつの意義なので、狙いは良し。
続けてみようと思う。
みっちり2時間勉強。
春休みに入るので、ここからが勝負だなと思う帰り道。
少し気持ちも上向く。
ありがたい。

4月に予定していたイベントへの出演。
この状況なので当然と言えば当然なのだが、
参加を見送らせて頂いた。
鯖ヲ君づてのユニークな場所でのものなので、
楽しみにしていたのだけれど。
水野君とそんな話しをした。
もう少し先の希望に向かって歩けば良い...
そんな事を考えつつ、
本日が終わってゆくのでございます。
[PR]
by bureruna | 2011-03-25 22:47

救援物資

だいぶ仕事も落ち着いた。
やっぱりというか、それ見た事かというか、
あれだけ無くなった商品も少しずつ揃い始めたではないか。
ガソリンですら、もうそんなに並ばなくても
買える所まで来ている。
並ぶぐらいならあきらめるでやってきたから、
あの愚かな競争に参加せずにすんだ。
化石燃料。
この世界は頼り切っている。
かく言う私もそれ無しでは仕事が出来ない。
まったく無くなった訳ではなく、
供給が滞っただけでこのパニック。
街中がイライラしているし、
あちらこちらで喧嘩があったとかいう話しを聞いた。
治安が良いのが自慢のこの国で...。
もし...
「すいませーん、全世界で品切れでーす。
産出される事はもう二度とありませーん」とかなったら...
恐ろしい...
戦争とか紛争とかあれこれ責任のなすり合いをする前に、
生活を過去へとシフトダウンするか、
未来の新エネルギーでも開発するか、
何となく待ったなしのようにも思える...

宅急便。
仙台への荷物の取り扱いが始まったので、
早速水野君の所へ、ブレルナ救援物資を送る。
食品をね、それが一番大変だろうから。
ネコさんよろしくお願いします。
[PR]
by bureruna | 2011-03-24 22:40

元気になって欲しい

入院した旧友のお見舞いに行く。
よほど話しがしたかったのだろう。
ずいぶんと話し込んだ。
行くまではどんなものかと心配していたが、
少しは気晴らしになったようで、笑顔も出てきた。
私は出来る限りいつもの玉木調で。
(おバカさんな感じ、もしくは調子のいい感じ、小気味良く)
妙に辛気くさくしても仕方がないものね。
このブログをチェックしているというのには驚いた。
意外な所で誰が見ているか分からないものだ。
(構いませんよ、どうぞ)
それで知って先月の
「テレビの中からこんにちわ、ブレルナです」を
観たらしい。
楽しんでもらえたようでなによりだ。

少し時間をかけて、ゆっくりじっくりさ、
慌てないでいいからさ、治してくれよ。
たまには人を頼っても良いんだよ。
甘えても良いしね。
遊び、余裕は大事さ。
肩の力を抜けば、きっと今度こそ良いスタートが切れるよ。
そして走らず歩こう。
大丈夫、大丈夫。

会社の同僚(大先輩)の奥様が亡くなられました。
お通夜に行きました。
悲しみの涙を流す姿を僕は直視出来ませんでした。
奥様のご冥福をお祈りします。
そして一日も早く、職場に戻ってきて欲しいです。

元気になって欲しい。
もちろんあなたにも。
そのために、私はもっともっと...
今日の一日が明日につながれば良い。
つながるに決まってる。
おやすみなさい。
良い夢が見たいな...
[PR]
by bureruna | 2011-03-23 22:25

考えてしまう

ネットではフィッシング詐欺にご注意を。
確かにクリックひとつだからね。
自分は普段から利用しているサイトから、
クレジットにて募金した。
ポイントなんかも募金にする事が出来るらしい。
時折、体が揺れる。
本当の余震の場合もあるが、
そうではない場合もあり、
過敏になっているのかなと思う。

疑問。
災害を伝えるテレビ。
すべての放送局が必要なのだろうか?
特に民放は輪番停電ならぬ輪番放送もしくは、
各社で協力して(大晦日にやる番組のように)
まとめてやれば良いのにと思った。
確かに目に飛び込んで来る映像は、
現実を伝えるに余あるものではあった。
それを何度も何度も...
どの放送局でも...
悲しみに暮れる人たちや
憔悴し切った人たちにマイクを向け、
気持ちを尋ねるなんてどうかしている。
とても見続ける事が出来ず、テレビを消してしまった。
伝えるのが使命とか言うけど、
その意味をはき違えているようでならない。
情報を伝えるだよ、やっぱり。
どうせならひとつの局は安否情報専用チャンネルにすれば、
映像はものすごい力になるのに。
やはり民放ではだめか...
テレビはラジオと違って、
被災した人のためのものではないんだよね。

普段通り、普段通りにしよう。
でもそれこそが普段通りではないのだな。
先々では価値観自体の変化が生まれるのかもしれない。
すべてを元通りにする事が最終目標にはなり得ないような、
そんな気がしてならない。

春なのにこの寒さ。
せめて暖かい春よ、早く来い。
友人にも会いに行かねばならぬな。
桜が咲くのだから。
[PR]
by bureruna | 2011-03-22 22:07



すべてを君に     玉木大輔
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル