ワレ、ブレルナ、カレ

<   2010年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ブレルナ in YouTube 仙台国分町夜ジャズ part 2

料理の決め手は、やはり塩だと思う。
塩が程よく決まると美味くなる。
でもこの時点で塩分の取り過ぎ!
その境目でせめぎ合い。
高血圧、心配した方が良いですかね?
昨晩の飯。
秋刀魚だってイタリアンっぽくなるんやな。
オリーブオイル、ニンニク。
塩胡椒、片栗付けてカーリカリ。
最後にバジル(乾燥したやつ)をかけて
出来上がりや。
今日は牛バラブロック、煮込んどります。
俺は何をやっているんだか(笑)

さて今宵も国分町夜ジャズの続きです。
YouTubeは1本=10分以内というルールがありますもので、
切りどころが難しく、Part4まであります。
ではぜひご覧下さい。

[PR]
by bureruna | 2010-09-30 19:21

ブレルナ in YouTube 仙台国分町夜ジャズ part 1

3カートン買った。
小市民のささやかなる抵抗。
得した気には...なれないねぇ〜
久しぶりに気持ちの良い天気。
なのに睡眠不足か頭が痛い。
帰宅後即、倒れ込むように仮眠。
やや復活です。
週末に行くキャンプの用意がまだでして。
他にも片付けなければならない事柄が2,3あり。
参ったな。

さて今宵はいよいよ仙台編です。
国分町夜ジャズに出演した時のもの。
実は昨年も、その時は水野君と2人で
出演させて頂いたのですが...なかなか苦戦いたしましてね(笑)
ですのでこの4人なら
リベンジ出来ると思って乗り込みました。
何に対してのリベンジなのか
よく分からないのだけれど(笑)
やっぱり自分自身かな。
のっけから手配してあったはずのドラムは無いわ、
時間は押しまくっているわのドタバタで始まりましたが、
メンバーみんな落ち着いていたな。
夜の野外はこの夏フェスでは、これ一回でしたが、
やっぱり夜の方がやりやすい(笑)
お客さんも暖かいし、踊ってくれたし。
素晴らしい夜でした。
4本に分けて、ノーカットでお送りします。
ではごらん下さいませ。

[PR]
by bureruna | 2010-09-29 22:44

ブレルナ in YouTube すみだ編

月に雲がかかっている。
美しいよ、見てごらん。
今朝の大雨が嘘のようさ...。

さて ブレルナ in YouTube第2弾は、
すみだジャズフェスティバル出演時のものです。
実はこれ、アップしようかしまいか悩みました。
というのも風が強すぎて、
聞き取れない所が多いのです。
聞かせどころのMCも、
かき消されてしまい泣く泣くカットしたぐらい。
ずいぶんと赤裸々に気持ちを語っているのですが...
残念です。
終了後のメンバー撮りも、風が強くって
何喋ってんだかわからん(笑)
ただ雰囲気は伝わるなという一点でアップを決めました。

すみだジャズフェスは第一回という事もあり、
まだまだ一般の人が知るイベントではない。
我々の所は、人通りのない2F部分という事もあり、
苦戦が予想されました。
(駅前は結構人がいたようですが)
そんな中、駆けつけてくれた方々や
足を止め聴いてくれた方々に支えられました。
つくづくミュージシャンは、聴いて下さる
お客様によって生かされるものだと思いました。
工事中のスカイツリーが見えました。
そして記念すべきCD発売の日となりました。
多少お聞き苦しいでしょうが、そこはこらえて頂いて(笑)
強い風の中、奮闘するブレルナを
ぜひ、ご覧下さい。

[PR]
by bureruna | 2010-09-28 21:19

ブレルナ in YouTube 国分寺編

まずは国分寺T-SOULに出演した時のものです。
一応全世界発信なので、
お客さんの顔が映らないよう苦心いたしました。
客席の中にカメラを据えたために
とっても自由なお客さんの話し声やら
たくさん入っていますがそれはどうにもなりませんので
お許しを(笑)
幅広い年齢層の方々。
楽しんでもらえるかどうか、始まる前は不安でしたが、
始まってしまえばこちらのもの。
暖かいお客さんの拍手、手拍子ありがたかったです。
それにしても思わぬ事を口走っているものだと、
ビデオを見て苦笑い。
暑い日でした。
「幸せになりなさい」が良いと言われました。
嬉しかったな。
ではどうぞご覧下さい。

[PR]
by bureruna | 2010-09-27 22:10

ビデオ編集

ようやく決心して(笑)
夏フェスで録りためたビデオを見てみた。
ライブハウスとかとは違って
お祭り会場みたいなものだから、
いろいろ声や音が入っているし、
すみだに関しては風が強かったので、
もうーずっと風のビュービューという効果音付き(笑)
それでもブレルナの軌跡だから
出さないのも、もったいない。
仙台の夜ジャズに関しては演奏もなかなか。
完璧とは言えないが、楽しさが伝わるので
ノーカットで出してみようと思う。
最終日の定禅寺ジャズフェス。
確かに俺の声は出きってなくて
危なっかしい物ではあるが、戒めのために公開(笑)
ただ、成長も見られた。
あうんの呼吸というか、
喋りの部分では打ち合わせなどしていないが、
妙に美味く行ってて、水野君とのコンビネーションの
キャリアというか経験というか
そう言うものが出ていたような気がする。
楽曲は大体ビデオには出ているものばかりなので、
どちらかというと喋り中心に編集。
きちんと一曲はCDを買って頂くか、
ライブに足を運んで頂くとして(笑)
自分の感覚で面白い部分を、
その日その日で違う部分を楽しんでもらえるように
編集してみました。
ダラダラとやっていたけど、一日がかり。
なので明日以降ゆるりとアップしていく予定です。
[PR]
by bureruna | 2010-09-26 20:59

その手の店

体がだるいし、重い。
お腹の調子も良くないな。
冴えない週末だこと。
今、ようやくルービーで一杯。
「お疲れさん!がんばったね!」
すべてのお疲れさんに乾杯。

本日はわりに早く帰れましたもので、
来週末行くキャンプ場を押さえました。
2軒ほど候補があったのですが、
決め手は、キャンプ好きな人のHP。
その方はここがお勧めとか言わないのですが、
写真の雰囲気が良くて微笑ましいのですよ。
それで決めました。
風呂があります。
大地を痛めない焚き火も出来ます。
きっと寒いだろうから冬装備だわ。
キャンプ道具を引っ張り出す。
今回は要らない物は持って行かない。
少し整理しよう。
夜、近所のスポーツショップに念のための
ガスを買いに行く。
ちょびっと、キャンプ用品安売りを期待して。
見ていると欲しくなるけど、
そこそこ装備はあるのだから我慢。
本当はでっかいランタン欲しいけどな...。
昨年も同時期にキャンプに行った。
その時のブログを読み返したら、装備が多くて大変だから
次回は必要最小限にしようと書いていた。
つまり買えばそれだけ荷物が増える。
なんだけど...この手の店を覗くと物欲が高まるのね。
[PR]
by bureruna | 2010-09-25 22:01

焼け石に水

煙草の値段、上がるねぇ...。
煙草の嫌いな君は、もっと上げてしまえと言うだろうか。
せめてその税金、大事に使ってくださいよ、お役人。
お願いだからさ...。

カートン買い。
した事無いんだな。
コンビニで驚いた。
普段は何もない空間に積み上げられた煙草のケース。
ここぞの特需か。
やめられそうには無い。
仮に一瞬はやめられても、リバウンド?
それが襲って来るのが目に見えている。
本数を減らすか?
どうだろ。
値上げ幅は120円。
なーんだ、缶コーヒー、一本分じゃないか。
がしかし...。
タバコ吸い仲間に聞いてみた、カートン買いするかと。
意外にもしないとの事。
自分の周りでは吸わない人が増えてきた気がする。
仕事中の本数がやたら多いので、
少しは減らした方が良いのかもしれないが...。

夕暮れ時に煙草を吸いながら、ぼーっと空を眺め、
考え事をする。
未来のイメージではなく追憶。
どうにもならないことをどうしても考えずにはいられない時。
つまり毎日。
もうほとんど無意識に煙草に火をつける。
何がどうというわけではないが、
ほんの一瞬、救われたような気がする...。
なんてね。
ただのニコチン中毒患者の言い訳か(笑)
[PR]
by bureruna | 2010-09-24 22:14

干し椎茸

今日の雨は、まるで台風のようであった。
なすすべなし、なされるがままでした。
お休みの人も、いまいち楽しめなかったのでは?
それぐらいではめげないかな。
現在もしっかりと雨。
煙草を吸いに外へ出るのも億劫になります。
漢字変換。
おっくうを変換したら億劫。
書けませんし、書きませんよ。
話し言葉の中にある漢字の世界。
こう言うのは調べずにいられないので、
机に必ず置いてある国語辞典で調べる。
億劫(おっこう)=仏教語。きわめて長い時間を意味する言葉から
長い時間がかかり、面倒臭いを表す言葉になったらしい。
なるほど。
疑問に思ったら辞書。
勉強させて頂きました。
億劫(おっこう)か...それは人によって
又は感じ方によってサイズ、基準が違うな。
何十年をその基準に持って来るのか、
それとも半年、一年でもそう感じるのか。
年齢を重ねると時の経つのが早く感じるという。
それは大人になればなるほど、
日々の生活が単調な繰り返しになるからと聞いた事がある。
そうでありたくはないと思って生きているが、
それでも日々に流されてしまう事もある。
逆らうにはエネルギーがいる。
その源は心の中に。
今となってはそこにしかよりどころは無い。
自分自身に限ってかもしれないが。
時々、振り返ります。
そして自分の想いを再確認するのです。
そこから、もうひと踏ん張り、力を振り絞るのです。
あれ?
脱線したか。
まあいいか。

また飯の話し(笑)
戻し汁。
干し椎茸のね。
先日、遊びに行った芦ケ久保の道の駅で買った
立派な干し椎茸で煮物を作る。
戻し汁を入れての煮物は絶品である。
おかげで食い過ぎ、腹が苦しい。

そろそろキャンプ場、押さえないとな。
週末の渋滞だけが憂鬱。
下で行くかも。
どうせETC付けてないし(笑)
[PR]
by bureruna | 2010-09-23 21:24

エビ

エビの背わた、はらわたを取るのって大変だ。
でもやっぱり生に限る。
オリーブオイルにニンニク、ピーマンと一緒に炒める。
塩、黒胡椒そして初めて使うナンプラー、酒少々。
出来映えは?
美味。
美味過ぎる。
今回、控えめに入れたナンプラーは、
ナイスなコクを与えてくれた。
次はどんなもので試してみようか。
焼酎水割りで健康的にほろ酔いです。

夕方。
辺りが暗くなり始めた頃。
空に巨大な白い雲。
その雲の中で稲光のショーが始まる。
しばし鑑賞。
あんなの見た事が無い。
見た人はいただろうか?
激しい雨の降る予感。
でもいまだ降らず...。
白い雲は無くなり、夜空一杯に灰色の曇が。
いずれにせよ、明日は雨らしい。
そしていよいよ秋突入の模様。
少し切ない。
秋だからかな。
そう言う気持ちになるのは秋のせいだろうか。
[PR]
by bureruna | 2010-09-22 21:16

火起こしの術

リベンジ。
そんな、おおげさな事ではないか。
昨年のキャンプ。
竹を使っての火起こしに挑んだ。
道具を使わない、摩擦熱による原始的なもの。
結果は見事に失敗。
擦り続けるも火はたたず...。
結局文明の利器に頼る事になった。
今年は、基本を押さえ、
杉の切れ端に少し穴を掘り、切り込みを入れて
細い棒をキリで穴をあける時の要領で、
ひたすら擦る方法を採用。
とはいえ、現地で失敗するのは嫌なので、
ベランダで試しにやってみた。
一回目は失敗。
でも煙が出た。
「いけるかもしれない...」
体力の復活を待ち、二度目のトライ。
煙が...出たぞ。
ここで、もう心臓が止まっても良いというぐらい
死ぬ気で高回転で擦り続けた。
すると...あっ...燃えているような...火だ!
これが火種というやつか。
杉は柔らかく火がつきやすいらしい。
完全に火種になったそれを燃えやすいティッシュの上に。
「燃えた...俺は火を人力で起こせたぞー」
感動より安堵(笑)
実験は成功。
これで一芸身につけたわい。
火起こしの出来るミュージシャン。
どうだ!
どうだ?

さて本日はブレルナミーティング。
この夏のフェスを振り返りつつ今後の事を。
結局、リーダーがしっかりしなければならないっと。
いつもの事か(笑)
また一歩、ささやかな一歩ではあるが踏み出してみようと思う。
引っ張るのは俺だ。
ついてきやがれ野郎ども!
[PR]
by bureruna | 2010-09-21 22:13



すべてを君に     玉木大輔
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル