人気ブログランキング |

ワレ、ブレルナ、カレ

<   2009年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧

ブレルナスペシャル、ライブ動画をあなたに〜その4〜


by bureruna | 2009-12-25 23:23

ブレルナスペシャル、ライブ動画をあなたに〜その3〜


by bureruna | 2009-12-25 23:16

ブレルナスペシャル、ライブ動画をあなたに〜その2〜


by bureruna | 2009-12-25 23:09

ブレルナスペシャル、ライブ動画をあなたに〜その1〜

ようやく、YouTubeに動画アップです。
先日のブレルナスペシャルのライブの模様を、
余すところなくお送りします。
カット割りや多少のエフェクトはかけていますが、
音も時系列もそのまま。
だってライブ映像ですから。
MCやらおまけつきで、結局計8本(笑)
ただ意外にアップに時間がかかっているのでまだ全部ではないのですが、
随時更新中。
毎度の事ですが、途中で途切れる場合は、
一時停止して、読み込みが終了するのを待ってから、
再生してみて下さい。
ちなみに、右側の「リンクします」コーナーからですと、
アップされたものが一覧で見る事が出来ます。
では、よろしくお願いします。
楽しんでもらえたら嬉しいです。


by bureruna | 2009-12-25 21:22

素敵な夜を

愛する人と...。
または愛する誰かを思い浮かべながら...。
どうぞ素敵なイブを。
明日はクリスマスですね。
ケーキ食べてますか?
チキン、ほおばっていますか?
私と言えば、どうもお腹の調子が悪く(笑)
ケーキも食べていません(泣)
普通に晩飯を済ませ、焼酎お湯割りを頂き、
もう寝ます。
あなたにたくさんの幸せが訪れますように...。
少し早いですが、メリークリスマス!

だいぶかかりましたが、ビデオ編集、先ほど終了しました。
明日、夕方頃より随時アップ予定。
ブレルナサンタからのプレゼントだと思って頂ければ幸いです。
by bureruna | 2009-12-24 22:47

光陰矢の如し

免許の更新のお知らせが来た。
もうそんなに時が流れたかと驚く。
髭面の写真による免許証。
これも来年には新しくなるのか。
とても見せる事は出来ないが、過去の免許証も保管している。
多分、探せば、どこかにある。
ほんの数年前でも、経年変化が見て取れる。
やはりみんな、捨てたりせず持っているんだろうか。

我が愛車も、真の意味で、我が物になる...あともう少しで(笑)
ローンは続くよ、いつまでも。
この車を買う時には、払い終えるのがえらく先の話しに思えたが、
確実に時は経ち、現在に至る。
まったくほったらかしで、洗車など、ほとんどしないのだが、
たまには、オート洗車してやるか。
先日のバッテリーの罪滅ぼしに。

後日、一年を振り返ってみようかとは思う。
タイトル通りだったような気がするが。
しかし、一日もあっという間に過ぎ去ってしまって困る。
それだけ集中してやることがあるって事なのだが。
昨日は冬至。
日が短いと、それだけで一日が短く感じて
寂しい気持ちになりはしませぬか?
夜をメインに活動する酒飲みは、早くから堂々と呑めるから
嬉しいだろう。

あとラスト一曲までこぎつけた。
明日も仕事が早く終わる事を願って。
そう言えば明日は、イブですか...。
クリスマスソング、流れまくるのだろうな。
ケーキぐらいは食べたいな。
生クリーム、どっさりなやつ。
by bureruna | 2009-12-23 22:50

年の瀬

今朝の寒さはビシッと来た。どんなに眠くても目が覚める。
冬、第一段階と言った所でしょうか。
いよいよ今年もあともう少し。
やっと年の瀬が来たなと感じました。
仕事も徐々に膨れ始めているし、
この時期は、忙しいので例年通り31日まで
がんばらせて頂きます。
日本経済の末端を微力ながら支えたいと思います。

そろそろクリスマスですか...。
ちらほら、夢の国のようなお家を見かけます、そう点滅ハウス。
きっと素晴らしいクリスマスパーティーが、
あそこでは行われるのだろうな。そうに決まってる。

おせちか...。
スーパーの売り場に、数の子が並んでたが、
俺はそれより、酢蛸が大好きなんだよ。
あの体に悪そうな、真っ赤なやつ。
バケツで買って食いたい。
酢蛸食いてー!

話し変わって、クリーニング。
最近、手仕上げのクリーニング屋さんをなかなか見かけない。
スーツやらを出しに行くのも、
やっと見つけた隣駅ぐらいの所へ出しに行く。
先日もそのお店に、洗い物を出して来た。
なにか高級クリーニングみたいのありますか?って、聞いたら
「うちは、この場所で何十年もやってきて、
スーツならスーツで、どれも丁寧に同じ料金でやってます」
と言われました。
職人魂を感じました。
by bureruna | 2009-12-22 22:58

白秋先生

「すべてはひとつ」
これは、僕がソロで歌っていた、もう十何年前に作った曲のタイトルです。
思い入れと言いますか、いつ歌っても自分の中で
飽きる事のない曲でして、
折に触れ、復活ランプを点灯させて来ました。
ブレルナでも、もちろん歌っています。
昔から知っている人は、懐かしいねと言ってくれます(笑)
昨日のおばあちゃん孝行ライブの際、
ふっとこの曲が思い浮かび歌いました。
歌い終わった後、即座におばあちゃんは、
「その歌詞は、北原白秋の詩をモチーフにしているの?」と、
尋ねられました。
そうなのです。
北原白秋の有名な詩。
「薔薇ノ木ニ
 薔薇ノ花咲ク。
 ナニゴトノ不思議ナケレド。」
その宇宙観と申しますか、世界観と言いますか、
「見過ごしてしまいそうな事の中に、
実に素晴らしい奇跡や偶然がちりばめられているよ」
そんな風に聴こえて来た、この詩が好きでして、
それを大胆に頂きまして(笑)、そこから自分なりに
歌詞を押し広げたのでありました。
この一節で、おばあちゃんの心を掴めました(笑)
白秋先生は、偉大だなと思った次第であります。

とっさにやったので、まったく違う雰囲気のアレンジに。
自らの意思ではなく、もう偶然に。
歌い終えて、こういった解釈も面白いなと思う。
素晴らしい偶然です。
by bureruna | 2009-12-21 20:52

出張ソロライブ

素晴らしいお天気の日曜日。
今日は、出張ソロライブに出かけました。
というのも、少し前に、遠い親戚筋の方が、
僕が音楽をやっている事をお知りになって、
ぜひ一度聞きたいと申して下さったので。
最初は、何か音源をという事でしたが、
あいにく今の所ありませんし(来年の春までには作りたいけど)
パソコンもないという事なので、
それならこちらが参りましょうと言う事に(笑)
ミュージシャンたるもの、求められてなんぼのもんだもんね。
その方は、なんと御年86歳の御婦人。
間違いなく、僕にとって最高齢のお客様です。
毎年、年賀状だけのお付き合いでしたが、
添えられたコメントが何とも若々しくて、いきいきしてらっしゃる。
素敵なお名前なので、もちろん存じ上げていたのですが、
お会いするのは、初めて。
その方の自宅に向かい、ご挨拶、
そしてなぜか、僕のほぼ半生を語る事に。
すごい質問攻めでしたから(笑)
その方は、年賀状のコメントから察した通りの快活で知的で、
楽しいおばあちゃん。
まったくもって、86歳とは思えない元気な方でした。
かなり意気投合しましたよ(笑)
3、4曲ほどの短いライブでしたが、もうそれはそれは真剣に
歌を、歌詞をお聞きになろうとするので、
こちらも心をこめて歌いました。
「今日、生まれたあなたへ」という曲を気に入って頂いて、
褒め上げられ、感謝され、恐縮する事しきり。
でも嬉しかったです。伺って良かったなと。
お昼ご飯をごちそうして頂きながら、またひとしきりおしゃべり。
自分のおばあちゃんには出来なかったので、
良いおばあちゃん孝行が出来たような、
そんな素晴らしい一日でした。

帰ってから、例の続き。
只今3曲終了。
失敗を踏まえて、一曲ずつ作っています。
もう絶対、消せねーよ(笑)


出張ソロライブ_b0080104_2125818.jpg

by bureruna | 2009-12-20 21:05

君の瞳に恋してる

あのディスコチューンの名曲の思い出話です。
勘違いは...してないね、きっと(笑)
今日、仕事からの帰り道、ラジオから流れてきました。
あれはまだ、私が思春期まっただ中の頃。
世の中がバブリーだった頃の思い出。
友人らと当時全盛期を迎えつつあったスキーに行きました。
その当時は、ホテルにちょっとしたディスコみたいなものがありました。
そこでは、おそらく大学生のお姉様やお兄様が、踊ってらっしゃって...。
僕ら、いたいけな子供たちは、遠巻きで覗いていました。
それを見たお姉様が、一緒に踊ろうと誘ってくれたのでした。
ディスコなんて行った事もない田舎者の純真な僕たちは、
恥ずかしいやら、緊張やらで、ガチガチになりながらも、
その輪の中で、踊りました。
きっと無意識なロボットダンス。
その時にかかっていた曲が、「君の瞳に恋してる」でした。
別にその後に、何があった訳ではないのですが(笑)
ものすごくドキドキした、甘酸っぱい思い出。
この曲を聞くと、確かこのタイミングで、みんなで手を挙げて
集まるんだよななどと、その一瞬の光景が必ず思い浮かびます。
でも単純に良い曲だよね。
たくさんカバーされてるみたいだけど、
ボーイズタウンギャングですかね、やっぱり。

再開したビデオ編集。
クリスマスまでには(笑)
一度やった事によって、さらに良くなった。
人生に、無駄な事など一つもないなと痛感。
いや本当に。
by bureruna | 2009-12-19 23:04



すべてを君に     玉木大輔
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル