人気ブログランキング |

ワレ、ブレルナ、カレ

2012年 03月 10日 ( 1 )

もう一年、まだ一年

震災から、明日で一年。
だからどうしたというのだろう。
未だに、苦しんでいる人達がいる。

殆ど見ないが、テレビを見ると違和感を感じる。
普段は、あんなに下らないものをたれ流しているくせに、
急に特番作って、もっともらしいことを言う。
お上の発表を伝えるだけの広報機関。
神妙な顔をした所で遅い。
もっとも、もうまったくあてにはしてないが。
そのうち弱小化するレガシーメディア、
新聞も然り。
国、政府、国会議員は何をしたのだろう。
本来だったら、与党野党などの垣根を超えて、
一致団結して立ち向かうべき国難なのに。
忘れちゃった?
なんだかそんな風に聞きたくなるような、無策ぶり。
増税だけには命をかけると宣うが...
多くの人の命が未だ関わっているのをお忘れか。
もちろん、真剣に取り組み、真っ当な意見を持つ
優秀な人もたくさんいるはず。
それが生かしどころなく、くすぶってしまうのがこの国の現状か。

原発。
当初は、無くす方向で段階的にと思っていた。
急には無理だろうと。
怒涛のように、いろんな情報が入ってきた。
全てに疑いの目を持つようになった。
健全な懐疑主義。
そして自分で判断する。
この国の人は、熱しやすく冷めやすい。
すぐ忘れてしまう。
それを良しとする人には、なんて都合のよい国民性であろう。
なので考えが変わった。
このまますべて停止させてしまえばいい。
昨年は夏も、冬も大きな停電無かったしな。
そして東電はきちんと潰さないと。
誰も責任を取らないというのが、この国の最も悪い所。
今もさほど変わらないが、発災当時の東電の対応は、
本当にひどかった。
ニコ生見ながら、何度腹が立ったことか。
また事故後、政府がスピーディーを即座に公表しなかったのは、
犯罪行為だと思っている。
子供たちを守れない国は、滅びます。
ここまで書いて虚しくなった。
震災の復旧、復興には、
日本人全体の永続的な関心が必要。
自分たちにも起こり得る事、
明日、起こるかもしれない事なのだから。

一年前のブログを読み返してみた。
普段はまず読み返さない。
胸が苦しくなった。
俺は俺なりに、いろいろ考えていたようだった。

震災で亡くなられた方々の魂が
どうか安らかに眠られますように。
未だに苦しむ被災者の方々が、一日も早く
平穏な日々を取り戻せますように。

何か行動を伴うことがしたかったので
明日3.11は、追悼イベントに出かけたいと思います。
by bureruna | 2012-03-10 23:47



すべてを君に     玉木大輔
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル