人気ブログランキング |

ワレ、ブレルナ、カレ

2009年 11月 30日 ( 1 )

角煮の思い出

余韻に浸る間もなく現実は、やって来る訳で...。
それはもう確かな足取りで。
なんだかぼんやり君な一日ではありましたが、
それなりに業務終了。
それはまあ、良いとして...。

今日は、天才的な目分量と己の舌だけを信じ、
豚バラの角煮を作る。

子供の頃、家庭の経済危機が、
母上のがんばりで、やや上向きかけた頃、
連れて行ってもらった中国料理屋。
ものすごい小さな家庭的なお店だけど、
お安いコース料理みたいになっていまして。
そこで最後に出て来た、豚の角煮の美味かった事、美味かった事。
そうすると家で作ってみたくなるのね。
その方が安上がりだから。
「男子、厨房には積極的に入ります」
なのでチャレンジした角煮作り。
古い料理本通り作ったものの、それにはならず...。
そこで再度チャレンジする際に、スーパーで見つけた香辛料。
そう、八角。
封を開けた時に、「これだー」的、感動ですよ。
それ以来、素晴らしい角煮を作れる男になりました。
もちろん、今日の角煮も最高の出来。
「あっ、そうだ」と、大根とゆで卵も同時投入。
これはもう、狙い通りですよ。

でもね...やっぱり子供の頃食べたあの店の味の方がね...
美味かったんじゃないかってね...思うんだよね
で、そのお店はもう無いんだけどね。
角煮を食べると、必ず思い出すんだよね。
by bureruna | 2009-11-30 21:42



すべてを君に     玉木大輔
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル