人気ブログランキング |

ワレ、ブレルナ、カレ

2009年 06月 21日 ( 1 )

第5回ブレルナ in 東京 ストリートライブ編

ストリートライブ、楽しく終える事が出来ました。
今回は、水野さんが来ての東京での開催。
昼頃より、スタジオで軽くリハーサル。
いざ代々木公園へ。
思ったより蒸し暑かったけど、時折吹く風が心地よく、
お気に入りの歩道橋下にて3時半頃より始める。
イベントの無い日だったので非常にやりやすかった。
いろいろ規制があってやっている人はいない。
ただ僕らのようにマイクなど使わず生声、生ギター、最小限の装備なら、
それほど問題は無いみたいです。
最初は、座りながらやっていましたが、何となく聴いてくれる方が
いらっしゃいましたので、こちらも立ち上がる。
そうなるとやはり我々のミュージシャン魂に火がつく。
見ず知らずの方々が、足を止め聴いてくれる。
それはとてもうれしいことなのです。
気がつけば、やはりいつものパフォーマンスに。
そう、あれです。
アメリカ人の方とも、ボディーランゲージで、
世界平和を願うコミュニケーション...たぶん通じたと思う。
よくもまあ、そんな長い時間とこちらが恐縮するほど、
ずっと聴いていてくれた方々、
わざわざ足を運んで聴きに来てくれた方、本当に感謝なのです。
またまたトーク編ですがビデオを撮影しました。
もっと早く気づいていれば一曲ぐらい撮れたんだけど、
歌うのが、パフォーマンスするのが楽しくて、すっかり忘れていました。
本当は、そこで終わるはずだったのですが...
まだまだやれとのご要望がありまして。
張り切り過ぎで、人差し指の爪割れちゃってたんだけどね。
でも...。
性分なのでしょう、求められると...ついつい...がんばちゃうんだな。
場所をメイン通りに移して始める。
もうすっかり夜なので、こちらも気持ち抑えめの雰囲気で。
それでもまた足を止め、座って聴いてくれる方がいらっしゃって、
こちらもうれしくなってライブのループ状態。
でも楽しかった。有り難いことです。
聴いてくれた方には、ブレルナ特製名刺を差し上げました。
HPなど覗いてもらえれば、嬉しいです。
ライブハウスなどでやるステージを4、5回分は、やりましたかね。
その後、出会った人たちと、その場で缶酎ハイを呑みながらの座談会。
そこで言われました。
他の楽器、たとえばドラムやキーボードなど無しで、
この二人(つまり我々のことですね)のみが良い。
それをまた見たいと言われました。
その日頂いた、僕らにとっては、
最高の賛辞の言葉でした。
やはり音源は?と言われます。
鋭意制作中なのではありますが、もう1〜2曲増やしたいなと
欲が出ました。
そちらもがんばらねばなと思っています。
また、ストリートライブ出来るといいな。
次回は、おそらく仙台で大暴れです。


by bureruna | 2009-06-21 21:02



すべてを君に     玉木大輔
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル