人気ブログランキング |

ワレ、ブレルナ、カレ

エディット・ピアフ 愛の讃歌

日曜日、久しぶりに映画を観たよ
映画を観るのは、心がリッチになる感じがするね
なんだかこう、特別な事をしている感じがするんだよな
頻繁に行くわけじゃないからかもね
今回観たのは
エディット・ピアフ 愛の讃歌
もちろん、シャンソン歌手の有名な人ってぐらいは
知っていたし、音楽も聴いた事はあったけど
やっぱり、世界中で名の通るアーティストってのは
その人生が映画になっちゃうぐらい
壮絶なんだな
ジャニスなんかも映画になったし
昔の凄いミュージシャンって言われる人は
突っ走って人生を駆け抜けて行く
何をやるにも、とことん
毒を食らわば皿まで
もうその灰も残らないぐらい
燃え尽きるような生き方が
ぶっ飛んでいて人々の心を揺さぶる歌を生み出すんだろうか
映画自体は、伝記物なのでびっくりな結末なんてものは
ないけど
主演のマリオン・コティヤールの演技が素晴らしかったので
観て良かったよ
んで、ちょっと思ったんだけど
最近はあまり破滅型のミュージシャンって
いなくなったような気がするね
別にそれを求めている訳じゃないけど
俺が良いなって思うミュージシャンって
そうゆう人が多いなって思ったから

追記(シャンソンに付随して)

シャンソンで思い出した
もうだいぶ前、確かジャンジャン閉店直前の
美輪明宏のステージを観た事がある
今をときめくあの方を生で観ていたんだった(笑)
圧倒的な存在感
こちらもぶっ飛んでる
ある意味現世から...
シャンソンっていう音楽がそうなのかもしれないけど
舞台の上の演技者
演劇観ているみたいだったな
美輪ちゃんの動きひとつでバンドが反応して曲が始まる
観客が食い入るように見つめ
合間のトークで笑わせて
歌で泣かせて
その時は、すげーこれがプロだーって思ったけど
生き様そのものが凄いんだよな
by bureruna | 2007-10-01 17:39
<< 缶コーヒー 弾き語りますよー >>



すべてを君に     玉木大輔
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル