人気ブログランキング |

ワレ、ブレルナ、カレ

「もしも〜だったら...」に関しての考察

例えば電車の中。
今では、皆が当たり前のように携帯を覗き込むおなじみの風景。
かくいう私も、本などを携行しなかった時などは、
同じように携帯を開き、メールやら、ネットやら、
ブログやらに興じる。
例えば家に帰れば。
まるで、部屋の明かりをつけるかのように、
パソコンのスイッチをいれる。
あれこれネットを徘徊し、ブログなどにせっせと励む。
今では欠かす事の出来ないツールを使い、
音楽やら、映像やらの作業に没頭する。
歌詞だってすべて今はパソコンで書く。
便利、極まりないおもちゃを前に、一喜一憂するのだ。

「もしもパソコンや携帯が無かったら...」

私の、マイミク的フレンドのKちゃんが、ふと疑問を持ったと、
日記に綴っていたのです。
それらがない、もしくはさほど普及していなかった時代を、
知っている我々。
私は、より長くだが(笑)
その便利な道具を持ち合わせていなかった頃、
自分はどうしていたのだろう?
そして今、便利さを得た中で、失ったものや、
変わってしまった事があるのでは?
もしもパソコンや携帯が無かったとしたら?
そんな素朴な疑問に、感化された私も少し考えてみた。
で、以外と早くに結論に達する。

自分に関して言えば、一番大事な所は
「変わらないし、失わない」
もちろん若干、依存症の傾向はあるし、
それなりに無駄な時間も費やしているのだが、
無ければ何か、別の手段を考えるだろうから。
もしくは、そうでありたいという願望も込めて。

ふとパソコンも携帯も無かった頃に、
音楽活動をしていた時の事を思い出す。
実は先日、大掃除をしていたら友人らと作っていた
フリーペーパーが出て来た。
それは、私のソロ活動時に、
「玉木を応援する名目で、自分たちの好きな事を書く
ミニ新聞みたいなものを作り、
ライブの度に配ろう」
と言ったものだった。
今ならさしずめHPとか何とかコミュニティーみたいなものか。
今見ると何とも幼いものだけれど、
何かを表現しようとする熱意や楽しさが伝わって来る。
そしてその当時、書いてもらっていたライブアンケート。
今では考えられないが、それに住所を書いてくれた人に、
手作りのDMを送っていた。
我が妹がなかなか個性的なチラシを作ってくれた時は、
それを貼付けて送らせて頂いた事もあった。
たまにお便りを頂いた事もある。
コミュニケーションツールが郵便のみ(笑)
それとそのアンケート。
ものすごくうれしい事が書いてあったものは、
なんだか捨てられず、多分押し入れのどこかに、
そうどこかにあるはず(笑)

つまり便利だろうが便利じゃなかろうが、
こうしよう、ああしようと思った事は出来るんだね。
そして今、便利なツールに囲まれた現代社会。
特に現在のブレルナにとって、
どれだけこの恩恵に預かっているか。
距離を埋め、時間を節約する、この上なく便利な道具。
無くなったら困るけど、なかったらやらないのかと言うと、
それは違うはず。
つまり携帯もパソコンもこちらがアクションを起こさなければ、
動き出しはしないんだよね。
勝手に誰かと繋がってもくれないし、
もちろん曲を作ってくれたりもしない(笑)
要するに道具だからね。
大事なのは、己の情熱だと。
想いだろうと思うのです。
パソコンがあっても無くても、
その気持ちが確かなら大丈夫だと。
想像力も膨らむだろうし、行動力も増すであろう。
そう私は思いたいのです。
この道具の世界の中で満足しちゃだめなのね。
もちろん自戒の念を込めて...。
これ自分自身に言っています。
だから私は、空を見上げるのが好き。
山や川や海が好き。
花を見るのもいいね。
酒を呑みながら人と話すのも好き。
仲間と音を出している瞬間が好き。
それを誰かに楽しんでもらえたら最高。
この感覚は、それら道具の中では味わえないから。

追伸
一気に書いてしまいました。
なんだか偉そうで、すいません。
実像は欲深い人間なので、
本音は、パソコンも携帯も
無くならないでくれーと思っています(笑)
だって、君と、繋がっていたいから...。
なんてね。

で、みなさんは、どうですかね?
もし今、パソコンや携帯がなかったら?
あなたは?
by bureruna | 2010-04-06 21:30
<< 案外、弱いな。 どうにもうまくいかん >>



すべてを君に     玉木大輔
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンクしています
Twitter
以前の記事
その他のジャンル